秋葉原に突如現れた天国!「僕と猫」

こんにちはーすざくです。
今日は同行者一名とともに
秋葉原の猫カフェ「僕と猫。」行ってきました。

電気街を歩く道すがら
おやっ?こんなところに猫カフェが?と思いました。
そう、前に通った時にはなかったのです。

なぜならこのお店、2016年06月20日にオープンしたばかりの
出来立てホヤホヤニューフェイスだからです。

私半年前に秋葉原で雰囲気や空気があまりよろしくない猫カフェに入って以来
猫カフェには寄り付かないようにしてたんだよね…。

それに私、今日は靴下をはき忘れてきたので…
その、素足で入って猫が吐いた毛玉とか踏んだらやばいじゃないですか。

「猫カフェ…うーん…いやー…あー…でも素敵な看板…」
数分間迷い迷った挙句
「よし!ちょっとだけ入ってみよう!」と意を固めました。

入ってもいいかなーって思った理由は
料金が10分刻みだったからです。
「あかんかったら300円支払って3分で出よう」って思ってたんですね。

場所は秋葉原電気街リバティー四号店の上です。
01_201606272331576d1.jpg

エレベーターでぐいーんと5階まで上がります。

エレベーターを出るととても明るくて清潔な空間が広がっていました。
入口のところで靴を脱ぎ、くつばこに入れます。

レジ横には舛添前都知事の署名のある許可証が貼ってあります。タイムリー!
エントランスに立っていたら
すぐに店員さんが出てきてお店の説明をしてくださいました。

よくある猫カフェと同じように
「写真を撮るときはフラッシュをたかないようにしてください」とか
「抱き上げないでください」とか
おきまりのルールがあります。

「ええ!面白いな!」っと思ったのが
なんと「人間用の飲食物の持ち込み自由!」ってことでした。
ねこちゃんの隣でコンビニで買った水素水を飲んだりできるわけですね。

スリッパは超ハイテクなスリッパ消毒マシーンからでてきます。
これなら素足でも安心!

そして手をかざすと自動でアルコールが出てくる
これもまたハイテクなマシーンで手を消毒!!

荷物は鍵付きのロッカーへ!

お話を聞き終わった後、
伝票を受け取りいざ猫スペースへ!

店内のイメージは「木!」って感じです。童話に出てくる森の家みたいです。
自分と同行者以外は店員さんしかいません。
店員さんは静かにノートパソコンでお仕事をしていました。

フロアの奥上部にテレビがついててアニソンが流れていて。
自販機もあります。
要所にねこじゃらしがきれいに整頓されています。

一歩足を踏み入れた瞬間に
「あ、ここはまずいな」と思いました。

そこには小さくてかわいい仔猫たちが!!!!!!
よちよち歩きでこちらにむかってくるのです!!!!!!!

キジトラ模様の小さなマンチカンが何か言いたそうにしてたので
かがんで「どうしたんですか?」と訊いてみたら
私の膝の上によじ登り寝息を立て始めました。

02_20160628225000d46.jpg

ええっ!初対面でこんなサービスよろしいんですか!?
まずいっす!まずいっすよまじで!!

しかもこの仔、膝に乗ってるんですけど
すっごく小さいから、両足じゃなくて片足の上で
丸くなってるんですよ!!!!!
やびゃびゃびゃbyあwせdrtgyふじこlp!

そのあと、ロシアンブルー?ブリティッシュショートヘアー?
グレーのねこちゃんが私の股間から入り込み
私の一張羅の腰の部分から生えている
意味はないけどなんとなくおしゃれなヒモにじゃれついて遊び始めました。
この仔の名前はあとむ君だそうです。お店の公式ツイッターに書いてありました。
そしてそのまま寝息を立て始めました。

私は尻を浮かした正座のような体制で
もう完全に身動きが取れません。

04a.jpg


尻をおろせばあとむ君がつぶれてしまい、
立ち上がったらマンチカンが膝から落ちてしまうのです。

「マンチカンおろせば?」って思うじゃないですか。
ここで重くのしかかってくるのは
「猫を抱き上げてはいけない」というルールです。

これはどうしたものか…と思っていたら
「キュー」と声が聞こえてきました。
私の頭の高さにある台の上に乗っていたモフモフちゃんが
「こつん」と頭突きをしてまた「キュー」と鳴くのです。

そして私の足元に降りると
膝の上のマンチカンをちょいちょいして
移動の交渉を行うのでした。

03.jpg

しかしマンチカンは応じず。
モフモフちゃんは私の太ももを枕にして寝るのでした。

05.jpg


なにこの天国。

店員さんがねこちゃんたちを
私たちの前に集めてくださいました。

08.jpg

09.jpg

トンキニーズとマンチカン!
お互いの毛づくろいをしたりじゃれあったり
団子になって眠ったり…
めっちゃ仲良しお二匹さん!
ネットで写真見てもいっつも一緒にいるの!

店員さんからお店のねこちゃん情報も教えて頂きました。
キジトラのマンチカンはとっても甘えん坊で
すぐにお客様の膝の上で寝てしまうのだとか。

モフモフちゃんは遊び好きで
ねこじゃらしにいっぱいじゃれつくのだとか。
あ、モフモフちゃんはスコティッシュフォールドらしいです。
耳立ってるんだねぇ。

ちなみに店員さんはすごく美人で優しくて接客丁寧で
制服もめっちゃ可愛くて、ねこ愛あふれまくってました。

そうこうしている間も私はずっと
尻を浮かした正座のような体制で
気づけば足が競輪選手のようにぱんぱんになっていました。

足を段差に近づけてマンチカンを
持ち上げないようにそーっとスライドしました。
が、また乗ってこようとする。

ちょいちょい遠ざけていったら
こんどは同行者の足の上で毛づくろいをしてそのまま再び夢の中へ。

06.jpg

10.jpg

仔猫だからいっぱい寝ちゃうんだねー。

私は猫たちからそっと離れ、そのまま猫スペースを後にしました。

猫たちの強烈な可愛さから
当初予定していた時間の十倍も長居する形とあいなりました。

ロッカーから荷物を取り出し会計をする。
スリッパを返却して靴に履き替えてエレベーターに乗って
地面に戻ってきました。

あとでネットでぐぐってみたらこのお店
総勢11匹ほど猫ちゃんがいらっしゃるようで
常時お店に出ているのは5.6匹って感じらしいです。

ふらっと入った猫カフェ「僕と猫。」は
やんちゃで人懐っこいちいさくってふわふわで
天使のような仔猫たちの集まる仔猫天国でした。

猫は三か月で大人になっちゃうけど
この猫たちが子供のうちにあと数回は会う気がする。

膝に乗ってたマンチカンの
ぬくぽか毛玉感が忘れられない…

はぁ、明日もいっちゃいそう…。

お店のホームページが無いようなので
フェイスブックとツイッターのリンクを貼らせていただきます。

Twitter-------------------------

僕と猫。秋葉原店
https://twitter.com/bokunekoakb

僕と猫。 秋葉原店 スタッフ
https://twitter.com/bokuneko_stuff

Facebook-----------------------

猫カフェ 僕と猫。秋葉原店
https://www.facebook.com/bokuneko.akb/

0.png
Facebookよりお店のイメージ画像!
CG感、コラージュ感、全開でとってもスキ!!!

※この記事に問題が有れば気軽に削除、修正申請してくださいね!
スポンサーサイト
[ 2016/06/27 19:52 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/868-a95219ea