スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DELL Vostro 1500 が起動しない

今回の修理はDELL Vostro 1500 が起動しないです。


機種詳細はこちらになります。
↓ 




まず、電源をいれると【NTLDR is missingPress any key restart】と表示されるだけで
なにも起きません


この【NTLDR is missing】のエラーには幾つかの原因が考えられます。


1、ハードディスクの持つ情報が壊れている
 ハードディスクは「起動するメインのドライブがハードディスクのどこにある」などの基本的な情報を持っています。
そこでその情報が間違えた形で書き換わってしまうと、「NTLDR」ファイルがどこにあるのか?
となってしまいます。

2、Windows の ntldr ファイルが壊れている 
ハードディスクの持つ基本的な情報が正常であっても、
Windows の「NTLDR」ファイルが無くなっていたり、壊れれていれば、
このようなエラーが発生します。

3、BIOS が書き換わった 
ハードディスクが 2台以上ある場合は、起動する順位が入れ替わってしまい、
このようなエラーが発生することもあります。


Dell Vostro 1500はハードディスクは1台になるので、
3は故障原因の可能性がなくなります。


では、原因を見つけていく手段として
リカバリーCDからパソコンを起動して回復コンソールを起動します。


すると画面には
1: D:\WINDOWS どのWIndows インストールにログオンしますか?(取り消すにはEnterをおしてください

とのメッセージが出てきました。


ここで原因が出てきました。
それはC: \WINDOWS → D:\WINDOWSになっていることです。

本来Windows はCドライブにインストールされていないと起動しないので
起動しない原因はこれです。


パーティションの情報が書き換わっていますので、
元に戻せは起動する可能性があるのでやってみましょう

そのために
「TestDisk」というオープンソースのフリーソフトを使います。


「TestDisk」を使ってパーティション情報を表示すると
L HPFS - NTFS 0 3825
* HPFS - NTFS 3825 14945
上がCドライブで、下がDドライブです。
* が付いているのが Primary bootableです。


Dドライブになっていますので、CドライブをPrimary bootableにしました。
* HPFS - NTFS 0 3825
L HPFS - NTFS 3825 14945


再起動後、無事に起動しました。


今回紹介した症状はどの様なパソコンにも現れる可能性がたかいので
【NTLDR is missing】のエラーが出た場合は試してみて下さい



パソコンの修理・自作パソコンの組み立て・無料お見積もりなどのご相談、お待ちしております。
guitar.and.pianoforte.etude@gmail.com
スポンサーサイト
[ 2011/02/26 18:31 ] パソコン修理組立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/702-9c3a9442









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。