ThinkPad G40をDtoD領域からリカバリーしました。

今回はThinkPad G40をDtoDからのリカバリーを説明していきます。


まずノートパソコンの電源をいれ
キーボード上部左側にある青色のボタンを押します。

KC3H0048.jpg


ここでDtoD領域が残っていれば下の画像の画面に入ります。
もしDtoD領域がない場合はこの画面は表示されませんのでその時は手動でインストールする必要がでてきます。

選択するアイコンがいくつかありますが今回はRecover to factory contentsの項目をクリックします。


KC3H0049.jpg

クリックすると以下の画面に切り替わります。
リカバリーを続ける場合はここでEnterを押します。


KC3H0050.jpg


先に進んでも問題がなければ
【Y】を押して先に進みます。

KC3H0051.jpg

リカバリー実行をしても良いいようであれば
【Y】を押して先に進みます。

KC3H0052.jpg

さらに確認の画面がでますので宜しければ【Y】を押します。

KC3H0053.jpg


リカバリーが始まりた。
あとは自動でやってくれますのでのんびり待ちましょう。


KC3H0054.jpg

第一段階のリカバリーが終了すると次は
以下の画像の様な画面になりリカバリーが継続されます。
わけの分からない文字がたくさん流れてきますがエラーではないのでじっくり待ちましょう。

KC3H0055.jpg


無事にDtoDからのリカバリーに成功しました。
やはりDtoDのリカバリーは楽ですね


KC3H0040.jpg


ここまで来てしまえばもう直ぐにでも使用可能です。
DtoDからのリカバリーはメーカーによってやり方が違いますので機会がありましたら
また紹介していきたいと思います。








パソコンの修理・自作代行・お見積もりのお問い合わせはこちらから
guitar.and.pianoforte.etude@gmail.com
スポンサーサイト
[ 2010/10/27 19:27 ] パソコン修理組立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/440-c1066065