スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DtoDからのリカバリー方法について

今回は修理・組み立てではなくリカバリーの方法にていて書いていきます。


まず用意したのがNEC製のLL5503/Dになります。


0002123.jpg

DtoDのリカバリーはハードディスクリカバリーとも言われ
CDからリカバリーするのではなく、内臓HDDにあるデータから復旧します。


メーカーによって色々やり方がありますが
今回はNECのこの筐体でやっていきます。


まず電源をいれてメーカーロゴが現われますので
その時点でキーボードのF11を押します。


そうするとリカバリー画面がでます。
ここまできてしまえばあとは画面の指示にしたがって
作業を進めて頂き完了するまで待ちましょう


待つこと約30分無事にリカバリーが成功しました。

001232120.jpg


便利なHDDリカバリーですが
デメリットもあります。

それはHDD自体が物理破損してしまった場合です。
こうなった場合はリカバリー不可能となり手動でのインストールになります。

どうしてもHDDリカバリーで復旧したい方は
バックアップをとっておくことをオススメします。

特にセンチュリーから出ている【これDO台】といった製品がありますが
こちらの製品を使用すればHDD内にあるすべてのデータ完全にコピーしますので
万が一に備えたい人に良い商品だと思います。

 CENTURY これdo台PRO KD25/35PRO

 CENTURY これdo台PRO KD25/35PRO

価格:24,202円(税込、送料別)




パソコンの修理・見積もり・組み立てのお問い合わせはこちらから
guitar.and.pianoforte.etude@gmail.com
スポンサーサイト
[ 2010/08/09 07:28 ] パソコン修理組立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/394-c32fe472









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。