デスクトップのパーツ乗せ替え作業をやりました。

今回はデスクトップパソコンの一部のパーツを使い回して
他のパーツを新しいものにしてパソコンを使用できる所まで持っていく作業になります。



まず流用するパーツですがケースと電源になります。
他のパーツは新しいものに変えていきます。



ケースはオウルテックの物になります。
画像でどんな物か確認できるかと思います。


なかなか古い作りのものです。


0125463.jpeg


続いて中身はこんな感じです。

0178542.jpeg


そして今回はケース電源以外はすべて取り外します。
マザーボードを取ると抜け殻になりましたね

個々のパーツを見ましたがどれも古いもので今では珍しい物になっているので
ちょっと感動していました。

特にマザーボードはソケット754のタイプで一番驚きました。

071254965.jpeg


次にこの抜け殻になったケースに新しいパーツを組み込んでいきます。


パーツの詳細は

CPU:Core i3 530 Box (LGA1156)       
マザーボード:H55DE3              
メモリー(DDR3) W3U1333Q-1G         
光学ドライブ GH24NS50 WH BLK         
HDD ST3320418AS              
インターフェイスカード USB2.0V+1394V-PCI


0718546258.jpeg



これらを組み込んだ状態がこちら


0164925873.jpeg

 
それでは組み替え作業が終わった所で
いよいよ電源スイッチを押してみましょう。


デスクトップ BIOS画面


無事に起動しBIOS画面までいきました。
やはり自作のパソコンは電源を入れる瞬間が一番緊張しますね

ここまで来てしまえばあとはOSのインストールとドライバーを
当てて完成です。





パソコンの事でのお問い合わせこちらから
guitar.and.pianoforte.etude@gmail.com
スポンサーサイト
[ 2010/07/18 21:15 ] パソコン修理組立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/389-ab18b957