スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朱雀帝の画材紹介

朱雀帝の画材紹介

CGっぽく塗りました
5039915_20100614101515.jpg
ケント紙に黒ペンと4色のアクリル絵の具とジェッソを使って描いています。

コピックイラストっぽく塗りました
8254968.jpg
ケント紙に黒ペンと5色のアクリル絵の具とジェッソを使って描いています。
微妙に紙がたわんでいます。裏に全く染みていないところがコピックとの違いです。

水彩画っぽく塗りました
8287904.jpg
画用紙に黒ペンと4色のアクリル絵の具を使って描いています。
水彩絵の具と違い、水をかけても流れません。

油彩画っぽく塗りました
4242659.jpg
ケント紙に黒ペンと4色のアクリル絵の具、モデリングペーストを使って描いています。
油絵の具より透明感あり、キャンバスだけでなく紙にも描けるのが油絵具との違いです。
この絵も紙に描いてあります。


ほとんど全部4色から5色のアクリル絵の具ですね。
他にも塗り方や描き方を変える事がありますが画材を変えることは無いと思います。

色数が少ないと自然な色みが出て良い感じです。
しかし色数多く使ったほうが混じりけ無く鮮やかだという
メリットもあるので最近は結構いろんな色を使う練習をしています。

アクリル絵の具は安さと最強の耐久性から選んだ画材ですが
今ではその多彩な表現力にベタボレしています。
スポンサーサイト
[ 2010/05/20 10:41 ] twitter | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/376-04bc3f4b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。