ライブお疲れ様でした

8月31日月曜日に暴風雨の中「Live Garage 秋田犬」にて
私の主催するライブイベント「真実の音」が御座いました。

出演アーティストは
可愛くも美しい女性ボーカル+ピアノの「春の風」
カリスマでクールなギターの「通音」
サックス+ピアノの「Arcue」
日本情緒溢れるお琴の「ヒロキ」
です。

まずはトップバッターの春の風です。
img467.jpg

春の風の演奏はお客様を一気に魅了してしまいました。
ボーカルのErikaさんの喉は歌いだしから完全に開いています。
最初から最後まで安定した声で歌ってくれました。

キーボードのHaruさんはキレのある仕草と気持ちの良い音は見て良し聞いて良しです。
コーラスはErikaさんの歌に解けるように重なります。

シチュエーションに合わせてスタイルをかえるのが上手な春の風。
ErikaさんはMCでアニメの話をしていました。
ここは秋葉原ですからね。お客様も大喜びです。

「皆さんはアニメ見ますか?」なんて
一対多人数のコミュニケーションを交えるところが楽しいです。

勿論全てのお客様がアニメ好きと言うわけではありません。
「良く分かりません><」という気持ちを代弁してくれたのはHaruさんでした。

若くて可愛いErikaさんと一回りも年上でしっかり者のHaruさん。
二人のちょっとちぐはぐな会話は家族の団らんのようです。

Haruさんはとても立派な大人ですが、演奏の最中、ふと少年の様な表情を見せます。

「日本中の子供達に自分達の歌を歌って欲しい」

そんな熱い夢がHaruさんをあそこまでキラキラと輝かせるのでしょう。
力強い気持ちはキーボードを通して私達に伝わってきます。

私には見えます。
Haruさんの歌をお母さんと楽しく歌の練習をする子供の姿が。
Haruさんの歌を合唱コンクールで歌う小学生の姿が。

Erikaさんの歌を聞いて「お母さんの歌みたい」と言ったお客様がいます。
包み込むような優しい歌声です。歌う姿は女神のようで
お話をする姿は天使のようでした。

大人気の春の風さんにはアンコールもお願い致しました。

MCでゆる~いアニメトークをしているときですら音を小さくした
キーボードでBGMを奏で続けるHaruさん。

春の風の演奏はいつまでも鳴り止む事が無いのです。
今もずっと私の頭の中で流れ続けています。


お次のアーティストはエレキギターの通音さんです。
img465.jpg
ホームページで拝見した写真より格好良かったです。
大きなアンプを携えて現れたときはベルセルクのガッツを彷彿いたしました。
大雨の中、巨大な機材を持参する情熱にクラクラ致します。

カウンターでたそがれる姿もリハーサル中にギターを爪弾く姿もサマになります。

通音さんはギターの先生です。
少しお話しただけで「素晴らしい先生」という事は一発で分かりました。
私の音楽性を理解しようと質問を投げかけてくれるのです。

「素晴らしい先生」は生徒の事を理解しようとします。
この文章を読んでいるあなたが大好きな先生もあなたの事を理解してくれたはずです。

さて、通音さんの演奏について語らせて戴きましょう。
通音さん誰もが一度は憧れを抱くような格好良いギタリストです。
「こんな風に演奏出来たらな」という妄想を具現化したような演奏を見せてくれました。

ステージに上がるとすぐに黙々と演奏を続ける通音さん。
一度たりとも間を取らずMCもありません。
一貫して流れる音楽は長編映画の様に楽しみながら聴くことが出来ました。

人の心をつかむため、全体のバランスが綿密に計算されているのでしょうね。

日本にいる事を忘れるほど欧米風テイストの楽曲です。
と思ったら和風の曲になりました。

メロディを弾いている…と思ったらバッキングになりました。
40分、間を入れずにコロコロと表情を変える音色に釘付けです。

オリジナルからカバーへ、カバーからオリジナルへ。
たまに有名な曲、大好きな曲、懐かしい曲が挟まっていました。

そんな時、私は大好きなエリックジョンソンがその場にいる様な錯覚を起こします。
嬉しすぎて飛び上がりそうになりました。

全体を通して聞くと人を飽きさせない「見せ方」の勉強になります。
「あそこが良いな」「ここが良いな」と掻い摘みながら聞くと
要所要所の繊細なテクニックを余す事無く堪能できます。

凄いテクニックです。もう凄すぎて言葉になりません。
指さばきも早すぎて見えません。目が点になってしまいます。

ライブに来てくれたお客様が日記に通音さんの演奏の事を書いていました。
「素人なりに解釈しますと…」を頭に置いて文章を綴っています。

これは私でも素人なりの解釈しか出来ません。
裏を返せばギターマニア、音楽オタク、専門的な方々が泣いて喜ぶような演奏なのです。

通音さんがCDに合わせての演奏をすると
「上手すぎてどっちがCDでどっちが生演奏だか分からない」
という驚きの現象が起きていました。

人同士であればお互いの音に合わせられるものですが
CDの正確な音に合わせての演奏は非常に難しいものです。
メトロノームに合わせて楽器の音を出してメトロノームの音を打ち消すのより難しいのです。

センス抜群の通音さんの演奏の素晴らしさが分かるだけでちょっと鼻高々です。

通音さんが最後に発した「ありがとうございました!」
こちらこそありがとうございましたです。
演奏も気配りも完璧な通音さんは妄想の中でだけギターが弾ける私の心の先生です。


次はダークホースのArcueの出番です。
img466.jpg
彼らの演奏は当イベントで初めて聴きました。
それどころか対面すら初めてでした。
サックスのサンダースさんとピアノのしゅんちゃんは若い好青年です。
私は陰が濃くてヒゲを蓄えたシルクハットにステッキな男性をイメージしていました。

サンダースさんのサックスは使い込まれています。
管楽器特有の味のあるいぶし銀の輝きを放っていました。

しゅんちゃんはピアノに腰を掛ける仕草だけで
ただ者ならぬ雰囲気を醸し出します。

Arcueは「まさにジャズ!」というつかみどころの無い面白い演奏を見せてくれました。

二人の演奏は時間が経つに連れてどんどん良くなっていきます。

しゅんちゃんのピアノの高くて透明な音と
サンダースさんのサックスの低くて渋い音が
お洒落に交わります。

優しかったり力強かったり美しかったり悲しかったり楽しかったり。
その音は曲を通して様々な経験を積んだ一人の人間のようです。

まるでピアノの音色とサックスの音色が恋をしているようでした。
つかず離れずのもどかしい関係です。

ピアノを追いかけるサックスの音が切なく響きます。
Arcueの掛け合いは非常に興味深いです。

激しく高鳴るピアノは突然ピタリと止んだり
サックスのリズムが突然変わったり。

しゅんちゃんがアドリブをすると「!?」なんて
サンダースさんが戸惑います。良い表情をしていました。

アドリブに次ぐアドリブで
一秒先がどう展開するのか分かりません。

これぞジャズ!これぞ人生!

しゅんちゃんのアドリブはクールです
サンダースさんのソロは渋いです。

このアドリブも全ては計算づくなんですよね!等と思いながら聞いていたのですが
演奏が終わるとサンダースさんは
「どーなるかと思いました僕は><;」
と本当にまいっていたので会場は爆笑の渦でした。

実はArcue、シリアスな演奏とは打って変わってMCが非常に面白いのです。
間が絶妙でしてね、
しゅんちゃんがステージドリンクを飲んだだけでどっと笑いが巻き起こります。

しゅんちゃんは「僕は話すのが苦手で…」と良いながら
ネタ帳を取り出しますがそれでもカミカミでした。
「何か喋れよ」とサンダースさん達はMCの押し付け合いをします。

演奏時とのギャップがたまりません。
終盤は演奏が終わっただけで反射的にお客様方が笑ってしまうほど楽しい二人でした。

彼らは言葉より演奏の方が気持ちを伝えるのが上手いと言う類稀なる奇才の持ち主の様です。
言葉以上に物を語れる技術なんて世界中のクリエイターが欲しがる力です。

Arcueの演奏を聴きながら目を閉じると
陰が濃くてヒゲを蓄えたシルクハットにステッキな男性が目に浮かびます。

目を開けた時には陰が濃くてヒゲを蓄えたシルクハットにステッキな男性より
もっと素敵なサンダースさんとしゅんちゃんがいるのでした。


最後はヒロキさんです。
暴風雨の為、大切なお琴が運べずヒロキさんはキャンセルとなってしまいました。
晴れですらお琴を運ぶのはとっても大変なことです。
だから今となってはそれが最良だったのだと分かります。
でも当日私は発狂寸前でした。

ライブの日の朝は雨が降っていました。しとしとってレベルではありません。雨の土砂降りっぷりは
夢遊病でナイアガラに来てしまったのかと思う程でした。私は朝っぱらから真っ青です。

「あああああ!!ヒロキさんが…ヒロキさんが…あああああああああああ!!!!あたたたたたたたたた!!!終わったああああああああああ!!!!あべし!ひでぶ!私の事が大嫌いな全ての老若男女の皆様聞いてください!今日は私が人生最大に落ち込んでいます!嬉しいでしょ?ねぇ嬉しいでしょ?やったね!!笑えよ!さぁ笑うが良いよ!いくらでもあざけ笑うが良い!落ち込む私は情けないでしょ?滑稽でしょ?ああもう大いに笑ってくれ!蔑んでくれ!もう好きにしてくれぁぁぁぁぁぁぁぁ!!人生詰んだ!!人生終わった!人生オワタ!!もうだめだ!!もうだめぽ!!ぬるぽ!!ぬるぽ!!ぬるぽ!!ぬるぽ!!がぁああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!あぁだめだ!もうだめだ!死んだ!私死んだ!朱雀死亡説!ちょwwwwwwおまwwwwwwフラグ立ってる!!!フラグ1000本くらいたってる!!だめだめだめだめ!無駄無駄無駄無駄!!もう何だって良いんだ!どうだって良いんだ!!なんて!!!!!そ ん な 風 に 思 え た ら ど ん な に 楽 な こ と か !幸せなことか!ちくしょー!止め!雨!止めよ!雨!止んでくれ!むしろ止んでください!あああ!!もういい!お前が止まないなら私が止む!もう頼むよ!!何で昨日まで晴れてたのに今日だけ雨なんだよ!台風!?たたたたたたたい~~~fuuuuuuuuuくぁw背drftgyふじこlp;@:「」」

そんな事を考えながら3時間ほどシャワーを浴びていました。

遅刻しそうになったのでシャワールームを出て家を出ました。
秋葉原の街もシャワールームになっていました。
わざわざシャワー浴びて出てくる必要無かったなぁ。フヒヒ。

もう何だか「とぼとぼ」って音が聞こえてきそうなくらい肩を落として歩きました。
8月31日秋葉原で「とぼとぼ」って音を出しながら歩いている人を見たなら
それは間違い無く私です。

私の瞳が濡れているのは~涙なんかじゃないわ~♪泣いたりしない~♪これは雨ですよ。はぁ。

でもね、ヒロキさんにはお客様として来て戴けたのです。
それがとっても嬉しかったです。

「ごめんね」って謝ってくれました。
むしろ私が地面が頭にのめり込むほど土下座したい気持ちでした。
「私がてるてる坊主作らなかったからいけないんです。ごめんなさい」って謝り返しました。
「俺も作ったよ」
とヒロキさんのてるてる坊主を拝見いたしました。
思わず笑ってしまいました。

ヒロキさんはいつも私を笑わせてくれます。
こんな素敵な方の演奏が聴けたらとても幸せな気持ちになったに違いありません。

キャンセルは残念ですが誰も悪くないのです。雨だって悪くないのです。
この雨はきっと農家の方々が日々待ち望んでいた恵みの雨なのです。
アフリカの子供達が待ちに待った心と体のオアシスなのです。
死ぬほどだるかった炎天下の中での始業式が体育館になったのです。
母親の働く工場での社会科見学が中止になった少年のうれし涙なのです。
尿結石でなかなか出なかった神様の喜びのおしっこなのです!!

こんなにも沢山の人を喜ばせているであろうこの雨を誰が憎めるのでしょう!?

他のアーティストの最高の演奏とヒロキさんの笑顔のおかげで
悲しい気持ちはライブハウスを出て雨に流れて行きました。


これでアーティストさんのお話はおしまいです。
これからは個人へ宛てた記事になります。

リハーサル中に私が書いた記事にレスをくれた皆様へ
9割が「行けなくてごめんなさい」で笑いました。ここは懺悔の間ですか?
あの台風の中、来れた方が猛者過ぎるのです。そんなに謝らなくても怒ってませんよ。
この記事を読んで気になるアーティストが居たら一度ライブに行ってみてくださいな。
きっと感動しちゃいますよ。

Haruさんへ
Haruさんのまじめな所もフラットな所も大好きです。Haruさんにはいっぱい助けてもらいました。
明るい色の服がとても似合いますね。本当にお疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいな。

Erikaさんへ
リハーサルのお茶目な姿をお客様に見せていたら萌えすぎて大変だったでしょうね。
とてもかわいかったです。きゅいんきゅいんになりました。

通音さんへ
同居人が「あのお方にはかなわねぇ…」と申しております。きっと演奏を見たら感激して
鼻血出してたと思います。通音さんの一小節をマスターするのに私なら5年要ります。

サンダースさんへ
肺活量が凄いです。友達みたいにお話してくれて嬉しかったです。メガネが似合う
ナイスガイですね。初めて演奏を聴いたとき、私は本当に泣いてしまいましたよ。

しゅんちゃんへ
スーツに長髪は私のジャスティスです。きっと焼肉はウルトラ上手に焼けるのでしょうね。
日記の写真が可愛くて大好きです。集客力と実力に脱帽です。

ヒロキさんへ
ヒロキさんの演奏が見れる機会をこれからもずーっと待っています。
ラーメンデータベース」のランキングを見てください。ウマウマウマウマ…

お客様のクマさんへ
最高に盛り上げてくれました。
私が「この素晴らしい演奏に対して出来る事はなんだろう?」
と思っている時にクマさんは割れんばかりの拍手をしていました。
私が意識して考えて「よし、めいっぱい拍手しよう!」なんて考えている内に
無意識にアーティストを喜ばす事が出来るのは素晴らしい才能だと思いました。

お客様のくしやきさんへ
いっぱいいっぱい楽しんでくれました。もうそれだけで本当に嬉しいです。
私はいつかくしやきさんのステージが見れたら良いなぁなんて夢見てますよ。

Arcueのお客様へ
非常に絵になる紳士淑女の方々です。Arcueの演奏を聴きながらお客様方を見ていたら
六本木のジャズバーに行った気分になりました。もっとお話したかったです。

お客様の腹黒さんへ
来てくれてとても嬉しかったです。来場における葛藤を伺ったらますます嬉しくなりました。
格好良いカリスマ美容師ですね。私もあなたの様なつんつんのイカした金髪にしてください。

店長へ
崖から突き落とされた仔トラの気分を味あわせて頂きました。のんびり上ります。
濃密な時間と素晴らしい出会いを有難う御座いました。色々とご馳走様です。

受付のお姉さんへ
可愛いとか言われると照れちゃいます>ω<☆お姉さんのお歌が大好きです。
いつか再びあの美声を聴かせて頂きたいです。また伺わせて戴きます。

オーナーへ
一瞬しかお話が出来ませんでした。またオーナーの気さくなお話が聞きたいです。
あとCD欲しいです。実はずっと欲しいと思っているのです。どうしたら良いでしょうか。

自分へ
もっと出来る事があったのではないでしょうか?これからも日々精進しましょう。

皆さんへ
お疲れ様です。みんな本当に頑張りやさんですね。
これからも大いに頑張りましょう。そして休む時は休みましょう。
自分のマネジメントって大事です。心身ともに健康を保ち、楽しく生活しましょうね。

春の風
Haruさん
通音さん
サンダースさん
しゅんちゃん
ヒロキさん

本当に本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト
[ 2009/09/08 03:05 ] 旧記事 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soundandvision.blog81.fc2.com/tb.php/161-8b017da6