赤虫不要でフグを飼う方法

アベニーなどのフグが飼いたいのに
家族に反対されて飼えない方は多いと思います。

蜀咏悄 2017-10-07 20 01 13

フグを飼う許可は出たものの
エサが赤虫でしかもそれを冷凍庫で保存する必要があるという事を伝えた途端に
手のひらをクルクルッと返されてしまった方もいると思います。

「エサが赤虫?ダメに決まってるだろう!」
「赤虫を冷蔵庫で保存する?冗談じゃないわ」
「赤虫だけは絶対にダメだからね!赤虫だけは!!」

animal_senchu.png

など、様々な反対意見を食らっているものと思います。
今日は共通の殺し文句である「赤虫ダメ!」を
逆に殺していきたいと思います。

(文章中に「いらすとや」さんのイラストを使わせていただいています)
スポンサーサイト
[ 2017/11/10 22:21 ] twitter | TB(0) | CM(0)

アベニーパファーがスネールを食べる瞬間 Dwarf Puffer Hunting Snails

こんにちは。朱雀帝です。
ペットの魚が貝を食べている姿を動画にしてみました。
よろしければ見て下さい。

[ 2017/03/24 19:13 ] twitter | TB(0) | CM(0)

朱雀帝の画材紹介

朱雀帝の画材紹介

CGっぽく塗りました
5039915_20100614101515.jpg
ケント紙に黒ペンと4色のアクリル絵の具とジェッソを使って描いています。

コピックイラストっぽく塗りました
8254968.jpg
ケント紙に黒ペンと5色のアクリル絵の具とジェッソを使って描いています。
微妙に紙がたわんでいます。裏に全く染みていないところがコピックとの違いです。

水彩画っぽく塗りました
8287904.jpg
画用紙に黒ペンと4色のアクリル絵の具を使って描いています。
水彩絵の具と違い、水をかけても流れません。

油彩画っぽく塗りました
4242659.jpg
ケント紙に黒ペンと4色のアクリル絵の具、モデリングペーストを使って描いています。
油絵の具より透明感あり、キャンバスだけでなく紙にも描けるのが油絵具との違いです。
この絵も紙に描いてあります。


ほとんど全部4色から5色のアクリル絵の具ですね。
他にも塗り方や描き方を変える事がありますが画材を変えることは無いと思います。

色数が少ないと自然な色みが出て良い感じです。
しかし色数多く使ったほうが混じりけ無く鮮やかだという
メリットもあるので最近は結構いろんな色を使う練習をしています。

アクリル絵の具は安さと最強の耐久性から選んだ画材ですが
今ではその多彩な表現力にベタボレしています。
[ 2010/05/20 10:41 ] twitter | TB(0) | CM(0)